エタニティリングをプレゼントしよう|喜ばれる指輪

教会

指輪を贈ろう

指輪

ダイヤ付きの指輪の選び方

結婚を決めたカップルで、男性から女性に贈るのが婚約指輪です。プロポーズと共に贈るダイヤモンドの付いた指輪といったイメージが強い婚約指輪ですが、どのような点に気を付けて選べばよいでしょうか。婚約指輪はダイヤモンドがあしらわれたものが一般的です。ダイヤモンドの宝石言葉は永遠の愛です。結婚を約束する指輪にはぴったりの宝石といえるでしょう。ダイヤモンドを選ぶ際には、重要な4つのポイントがあります。まず一つ目のポイントは大きさ、重さです。単位はカラットで表され、最近は0.3カラット程度のものがよく選ばれるようです。0.3カラットは、およそ4.2ミリほどの直径になります。これは指に付けて大きすぎず小さすぎもしない大きさで、他のアクセサリーともバランスよく付けることができます。そのような点からも多くの人に選ばれているのかもしれません。次にカラーですが、これは無色透明なものほど価値が高いとされています。婚約指輪もこの無色のものが殆どですが、中にはピンクやブルーなどの希少なものも存在します。3つ目のポイントは透明度でこれはカラーにも若干関係しますが、透明度の高いものほど強度も増し、さらに高い評価が得られます。それから最後のポイントがカットです。これはダイヤモンドの原石の形等によって決められます。カットの種類は数えきれないほどありますが、最終的に指輪に付けた時の輝きに関係します。ダイヤモンドを選ぶ際にはこれらのポイントを押さえつつ選んでみるとよいでしょう。